MESHレシピ集

MESHを使ってできることや、具体的な事例をご紹介いたします。

カメラリモコン

カメラロールを眺めてみると、どれもこれも似たような構図ばかり…
高い位置から撮ってみたり、遠い位置から撮ってみたりすることで、写真の印象は大きく変わるんです。
今回は、それを実現する「カメラリモコン」のレシピをご紹介いたします!

【基本編】ボタンを一回押す:背面カメラのシャッターを切ります。

【応用編】ボタンを二回押す:セルフタイマー。LEDが点滅します。

     ボタンを押し続ける:前面カメラのシャッターを切ります。

f:id:meshprj:20151110161520p:plain

使用するタグ:

今回使うMESHタグ

Button(ボタン)タグ x1
f:id:meshprj:20151211192421p:plain

LEDタグ x1
f:id:meshprj:20151211192423p:plain

今回使う拡張タグ
その他用意するもの

・カメラ

作り方:

【基本編】

  1. MESHアプリを開いてボタンタグとカメラタグを置き繋ぎましょう。
    f:id:meshprj:20151110161550p:plain
  2. カメラタグをタップして”Rear(背面カメラ)”に設定します。
    写真は、カメラロールに保存されます。

【応用編】

  1. MESHアプリ上にもう一つボタンタグを置いて”Double Press(2回押したら)”に設定してください。
  2. 次に、タイマータグを置いて”Duration(時間)”を3秒に設定し、ボタンタグを繋ぎます。
  3. もう一つカメラタグを置いて”Rear(背面カメラ)”に設定してください。
    この設定で、ボタンが二回押されると3秒後に写真が撮られます。
  4. LEDタグを置いて、それをタップしてください。
  5. タイマータグで設定した3秒の間LEDが点滅するように”Duration(時間)”を3秒に設定し、ボタンタグに接続してください。
  6. LEDをお好きな明るさと色に設定します。
  7. さらにもう一つボタンタグを置いて、それをタップし”Hold(長押し)”に設定してください。
  8. もう一つカメラタグを置いて、位置を”Front(前面カメラ)”に設定し、ボタンタグに接続します。
    これで、ボタンを押し続けた時に前面カメラで写真を
    撮る設定となります。