MESHレシピ集

MESHを使ってできることや、具体的な事例をご紹介いたします。

会議室の管理

f:id:mesh_editor:20160126103842j:plain

会議室の空室状況、リアルタイムで管理出来たら便利ですよね。
明るさタグを使えば、空き状況が通知される仕組みをつくることができます。
Google Spreadsheetを利用することで、複数の会議室の空き状況を一元管理することも。
これで今日から、わざわざ会議室を覗きに行く必要がなくなります!

使用するタグ:

今回使うMESHタグ

明るさタグ x1

f:id:mesh_editor:20151224130216p:plain

今回使う拡張タグ

IFTTTタグ ×1
f:id:mesh_editor:20151224120822p:plain

その他用意するもの

・会議室×1

作り方:

  1. 明るさタグを会議室に取り付けます。
  2. MESHアプリを開いて、下図のレシピで示すように明るさタグ・IFTTTタグを置いてつなぎます。
    IFTTTとMESHを初めて連携させる場合は、FAQをご覧ください。
    (FAQ:IFTTT連携の初期設定方法を教えてください)f:id:mesh_editor:20160126110353j:plain
  3. 明るさタグをタップし、会議室のライトに反応するように明るさの段階を1~10で設定します。
    オフィスで試しながら最適な明るさをご確認ください。
  4. IFTTTタグをタップし、お好きなイベントIDと書き込みたいテキストを設定します。
  5. 次にIFTTTのアプリを開き、右上の検索バーから'MESH'と検索してください。
  6. MESHのレシピの中から'Turn off the light, record it to Google spreadsheet'を選択します。
  7. 先ほど設定したイベントIDを入力してください。
  8. Google Drive Channelが未接続の場合は、お持ちのGoogleアカウントでログインします。その後、書き込みたいSpreadSheetの名前を入力してください。