MESHレシピ集

MESHを使ってできることや、具体的な事例をご紹介いたします。

差し入れありがとうボタン

f:id:mesh_editor:20160119155813j:plain

MESH IDEA AWARDの作品部門にご投稿いただきましたabirdさんの作品《オフィス×IoT×Happy ~お土産・差し入れへのお礼からはじまるコミュニケーション~》を元に「差し入れありがとうボタン」をつくってみました。

「お土産・差し入れによるコミュニケーション活性効果の向上」
共有スペースに誰かのお土産や差し入れが置いてあって食べちゃうけど、誰にお礼をいっていいかわからない、お礼を言いに行くのは恥ずかしい・・・
お土産・差し入れを買ってきたけど、みんなの趣味にあったか、おいしかったかわからない、感想を聞くのは恥ずかしい・・・等々、こんな経験ありませんか?
MESHを使えば、簡単にお礼を言える、対面で話すことなくお礼を言えるようになります
また、そのお土産・差し入れが良かったか・おいしかったか、定量的に把握できるようになります
さらには、お土産・差し入れをおいしいといってくれた時、いいねと言ってくれた時、手に取ってくれた時にLEDでお知らせし、その相手とコミュニケーションをすることができます

使用するタグ:

今回使うMESHタグ

動きタグ x1

f:id:mesh_editor:20151224112343p:plain

ボタンタグ x1

f:id:mesh_editor:20151224120655p:plain

LEDタグ x1

f:id:mesh_editor:20151224130137p:plain

今回使うソフトウェアタグ

カウンタータグ ×1

f:id:mesh_editor:20151224125930p:plain

その他用意するもの

・差し入れ x1

作り方:

  1. 差し入れの箱に動きタグを取り付けます。
  2. 差し入れコーナーにボタンタグを貼り、「いいねと思ったら1プッシュ」「美味しかったら2プッシュ」等の文言を書いてください。
  3. 下図レシピに示す通りに、ボタンタグ・動きタグ・LEDタグとカウンタータグを置きつなぎます。

    f:id:mesh_editor:20160119173838j:plain

  4. LEDタグをタップし、LEDをお好きな明るさと色に設定してください。
  5. ボタンが押された回数、箱が開けられた回数がカウンターに記録されます。
    一定回数を超えたらメールを送る設定をしておけば、お土産がなくなる頃に通知を受け取ることもできます。